Facebookやチャットで繋がった

Facebookについて書かせていただきます。あるとき職場の仲間が仕事を辞めるときに、これからも連絡を取り合っていきたいね!というところから、Facebookを知りました。はじめたときは何が何だかわかりませんでしたが、とにかく国内だけでなく、海外の友達とも共有できるコミュニケーションスペースだということが理解できたときは、素晴らしい画期的だと思いました。

今までにメールで連絡を取っていた友達、アドレスが変わって連絡が途絶えてしまっていた人たち、また学生時代の時の仲間なども名前、呼ばれていたニックネームなどで検索できる点もありがたいです。

Facebookには写真や動画もアップでき、一度に多くの友達、知り合いに知らせることもでき、またお互いの状況、現状、成長がわかり大変便利です。逆にネガティブ、落ち込んでいるお友達などには離れていても励ましのコメントができるし、プライベートメッセージも送れることから重宝しています。他にも自分が読んで良かったもの、自分の周りの人にも知らせてあげたい、役立ちそうなサイトや記事などをシェアできることだと思います。

それを他の人が読み、またそこでシェアできるなど、役立つ、為になるものがどんどん広がっていける環境が整っているのも、Facebookの凄さだなと感じています。一番最近になりますが、学生時代の仲良しだった同性友達に連絡を取りたかったのですが、友達のメールアドレスも代わり、名前も変わり、実家も引越してしまっていて連絡の取りようがありませんでした。

たまたまFacebookで私をみつけてくれた、同級生の子が????さんなら連絡先を知っているかもしれないからとFacebookでメッセージを送ってくれました。そこからまたその友人を通し、最終的には一番仲が良かった学生時代の友達と連絡が取れるようになりました。これってFacebookのおかげだし、コミュニケーションツールのおかげでもあると大変感謝しています。 

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ